美しい地球を未来の子供たちに

PCB検査・処理

PCB含有機器処理期限

PCBの基礎知識

PCBはこんなものに使用されています。

昭和47年(1972年)以前に製造された
トランス・コンデンサ用の絶縁油
熱媒体(触媒油)、潤滑油
業務用・施設用蛍光灯の安定器
感圧複写紙 など

 

 

高濃度と低濃度があります。

【高濃度PCB使用機器】
中小企業は処理費用軽減措置を受けて処理する事が出来ます。

【低濃度PCB使用機器】
処理前に微量PCB含有検査が必要です。

検査後、PCBが含まれていなければ機器の処理ができます。
含有が判明した場合は、法に従って当該機器の保管が必要です。

PCB使用電気機器の判別方法

PCB含有機器判別チャート

PCB判定参考ページ

■JLMA(一般社団法人 日本照明工業会) 
HOME ≫ 安全・環境・保守・点検 ≫
PCB使用照明器具の点検・判別、取扱及び保管について
PCB使用照明器具に関する情報 

高濃度PCB使用電気機器には処理義務と処理期限があります。

高濃度PCB使用電気機器の処理は所有者に義務付けられています。
保管中のトランス・コンデンサ等に関しても同様です。

■高濃度PCB廃棄物処理期限
トランス:平成35年3月31日/コンデンサ:平成35年3月31日/安定器:平成36年3月31日
(低濃度PCB廃棄物の処理期限は平成39年3月31日)
※期限間近になると、処理施設の予約状況等により受託できない場合があります。
JESCO -日本環境安全事業(株)へご確認の上、手続きをお願いします。

トランス・コンデンサ等の処分前には微量PCB含有検査が必要です。

排出事業者は、産業廃棄物収集運搬業者へ引き渡す前に有害物質の有無について書面で通知することが義務付けられています。
このため、書類によるPCB不含が確認できない場合は微量PCB含有検査が必要となります。
万が一、後にPCB含有が判明した場合は排出事業者様の責任において原状回復しなければなりません。

絶縁油を抜取後保管されていた機器類も、内部がPCB汚染されている可能性があるため、微量PCB含有検査が必要です。

(有)飯盛商店では、PCB含有検査から抜取り作業まで一括で承っております。
PCB含有の含有が不明な場合は、PCB検査をお勧めします。

お見積は無料です。 遠慮なくご相談ください。
対象:全ての絶縁油または絶縁油入機器)

絶縁油交換作業について

対象機器の絶縁油について、交換作業前に微量PCB含有検査を受ける必要があります。
◾PCB不含の場合
通常の交換作業ができます。
◾PCB含有の場合
廃油、使用した機材、その他PCBの付着したもの全てを現場で保管し、PCB廃棄物として遵法に管理していただく義務が生じます。また、関係省庁に申請等が必要です。

※(有)飯盛商店では、PCB含有検査から絶縁油交換工事まで一括で承っております。
また、PCB使用機器に関する諸工事も承っております。
計画から申請、専用容器製作、移設(運搬は業務提携会社)、報告書提出まで一貫してお手伝いいたします。
見積無料です。ご相談ください。

※詳しくは各自治体の廃棄物対策課へお問合せください。

高濃度PCB使用電気機器の処理費用軽減措置

中小企業者の皆様は、基準を満たし申請すると処理費用の約7割の補助を受けることが出来ます。
対象製品

◾10kg以上のトランス類
◾10kg以上のコンデンサ類

対象者
1.中小企業者 ※業種・資本・人員数による規定あり
2.学校法人等
3.過去に中小企業者等であった個人

詳細は、JESCOの中小企業者等軽減制度の概要をご覧下さい。

PCBの毒性と症状

PCBは脂肪に溶けやすく体内に蓄積、濃縮しやすい物質です。
分解もされにくい事から、環境に流出、汚染すると食物連鎖の中で人体にも悪影響を及ぼします。
中毒になると目やに、粘膜の色素沈着、塩素ニキビ、まぶたや関節の腫れなどを起こします。
昭和43年に起きたカネミ油症事件により、PCBの毒性が注目されるようになりました。

お問合せ TEL 045-773-9188(代)

PAGETOP
Copyright © (有)飯盛商店 All Rights Reserved.